MT5で過去のチャートを確認~MT4と違いMT5を使えばサーバーから簡単に過去チャートを取得できる~

FXでドル円の過去チャートを参照しようと思いMT4で悪戦苦闘していたが、MT5を使えば簡単にダウンロードできることに気づいた。

注意事項

本記事はFXの過去チャートダウンロードについて解説していますが内容を保証するものではありません。金銭にかかわる内容であるためご注意ください。参考にする場合は自己責任でお願いします。

注意事項

MT5で取得できる過去データの内容と範囲は接続先サーバー(証券会社)によって異なりますのでご注意ください。

注意事項

ダウンロードした過去データは必ずしも正しいとは限らないため取得した過去データを自身で検証した方がよいと筆者は考えます。

過去チャートのダウンロード

MT4のヒストリカルデータ検証で無駄な時間を使ってしまった。

MT4での過去チャートのダウンロード

筆者が確認した限りではMT4では過去チャートはデータとしてアップロードしないければいけない。過去データは各証券会社ごとに用意されているが期間が限られていたり内容が怪しいものが多い。MT4で長期間の過去データの取得は現時点で難しいと考えられる。

MT5での過去チャート

対応する証券会社のサーバーにもよると思うがMT5から範囲を選択し過去データを取得できる。MT4と違いわざわざ過去データをファイルでダウンロードする必要もない。

MT5過去チャート取得手順

MT5を使って過去チャートを取得する手順を紹介する。ただし取得できる過去データは接続先サーバー(証券会社)によって異なる可能性がある。

(1) MT5の起動

MT5を起動する。証券会社やバージョンによって多少画面が異なる可能性がある。

(2) 表示バー数の変更

MT5のチャート最大表示数を変更する。MT4と違ってバーの数を増やしても遅くならない。これはMT5の数少ないメリットかもしれない。

ツールバーの「ツール」>「オプション」をクリック。

オプション設定ダイアログが表示される。「チャート」タブを選択。「チャート最大バー数:」を「Unlimited」に変更する。「OK」ボタンをクリック。

これで広い範囲のチャートを表示できるようになる。

(3) 過去チャートを取得

MT5の設定画面から過去チャートを取得する。

ツールバーの「表示」>「銘柄」をクリック。

「チャートバー」タブを選択。「通貨」、「足」、「開始期間」、「終了期間」、を設定して「情報呼出」ボタンをクリック。ここでは2009年1月からのデータを呼び出す。

リストにティックデータが表示される。

一番古いデータは2009年1月2日10時のティックデータが確認できる。

最後に「OK」ボタンをクリック。

(4) ダウンロードしたチャートの確認

対象のチャートでエンターキーを押下し検索用の入力エリアを表示する。先ほど確認した一番古いデータ「2009年1月2日10時」を確認。入力は「2009.1.2 10:00」でよい。

2009年1月2日10時のチャートが確認できる。ただし無料のデータなのでこのチャートの信頼性がどこまでかわからない。

まとめ

色々な証券会社からMT4用の過去チャートをダウンロードしていたがどうもイマイチ。何かと言うと古いデータの内容が怪しいのだ。筆者の見解としてはダウンロードしたMT4のヒストリカルデータ(過去チャート)よりサーバーから取得したMT5のデータの方がマシ。実際にMT4のデータとMT5のデータで五十日のチャートを確認したところMT5の方が正しいような動きが確認できた。ここでMT5のデータが正しいと断定しないのは正しいと証明された過去データと検証ができていないからだ。どうしても正確な情報でバックテストをしたい場合はフォレックステスターなどの有料データを使った方がいいだろう。

ポイント
  • MT5はMT4と違いチャートバー数を増やしても遅くならない
  • MT5はサーバーから長期間の過去チャートを取得できる
  • 取得できるチャートはサーバー(証券会社)によって異なる

EA互換の関係でMT5に完全移行できません。

2 COMMENTS

ふない

山田さま
コメントありがとうございます。

MT5の中にデータはありません。
「銘柄>チャートバー」からサーバーにアクセスしダウンロードします。
XMのデモアカウントで2000年1分足をダウンロードし再度確認しました。
データの信頼性は怪しいですが一応ダウンロードはできそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です